バス・アジ・バス | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > バス・アジ・バス

バス・アジ・バス

四国のブキオ様より、釣行記をいただきました。

野池の水温も下がってきて、着実に冬が近づいてきています。

ヒシモ等の水生植物も枯れている所が増えてきました。

そんなまばらになったヒシモエリアをザリメタル9gムラカミシャッドで

01

スローリトリーブに小さいトゥイッチを混ぜるとヒット。

02

かわいいサイズも。

メタルバイブはかなり数釣りもできるルアーだと最近思いました。

数日後、アジが良い感じだよ、という情報があったのでアジングをしてバスフィッシングをやることに。

潮位、風速、天候などの情報を調べることもなく、気になっていたポイント2ヶ所を探るとこに。

1ヶ所目では明らかに釣りができない状況で、2ヶ所目の漁港へ。

真正面からの強風。キャストすると糸フケがブワッーってなって一苦労。

スパテラ2.5インチ+レベリングヘッド1.5gからスタートしましたが、アクションもままならないので、

ワームをスパテラからシルキーシャッドに変更。少ない操作でもシャッドテールが動いて誘ってくれるだろうと。
横の釣りになりましたが、良く当たってくれました。

途中スパテラを使いましたが、断然シルキーシャッドの方に軍配が上がりました。

03
テトラ帯での釣りにはランディングネットを使用し、抜き上げ時にポロッと外れても大丈夫。
サイズの良いヤツが居るポイントが限られていて、風が吹いているとキャストしても届かないので、弱まるタイミングを狙ってキャストし探っていきました。
結果1時間ちょいでリリース含め15匹くらい。

04

みんなめちゃくちゃ美味しく育ってました♪

さて帰り道のバスフィッシング。

最初の池でザリメタルとピンクロで30弱2本釣りましたが、それ以上がないと判断し別の野池へ。

ザリバイブJr.のボトムジャークでまずまずサイズを掛けるもバラし…

アジのお陰で立ち直りも早く、気を取り直してシャローのゴロタをゴリゴリやってると
05

地質が硬かったり、ゴロタやリップラップエリアではザリバイブのjr.を使って、ボトムをカツーン!と言わせるイメージで巻いてます。

もうすぐ冬なので釣り残しがないようドンドン巻いていきたいです!