フロートリグ軽量ジグヘッドの操作感を上げる!! | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > フロートリグ軽量ジグヘッドの操作感を上げる!!

フロートリグ軽量ジグヘッドの操作感を上げる!!

三重県の森様より釣行記をいただきました。

『秋の三重県、岸釣りライトソルトゲーム。』

前回に続き今回のレポートもメインとなる対象魚はアジ。
シーズン初期に比べ、10月から年末にかけてアベレージサイズも少しづつ良くなって行き、手軽に数釣りも楽しめ食べて美味しい人気のターゲットですね。

今回は、スパテラ2インチ+レベリングヘッドのフロートリグをメインに、ジグヘッド単体なども使い分けながら実釣してみました。

日没後、潮位は上げ五分、常夜灯の灯った頃から釣り開始。
当日のポイントは、大潮の満潮時でも足元の水深は1メートル、干潮時には堤防から数m先まで干上がってしまい、20メートルほど沖のミオ筋の手前でも水深
3メートルと言う干潟に隣接するポイントで、そんな浅場に餌を求めて入って来ているであろう高活性な魚を狙っての釣行でした。
所々、カキ殻や石や海藻と言った障害物もあり、底(ボトム)を狙い過ぎると根掛かりが頻発する様なポイントでしたので、沖のミオ筋のカケアガリ周辺に居るであろうアジを狙ってフロートリグから。
リーダー部に市販の誘導式フロート(5g程度のフローティングタイプ)を通し、ラインの先端から30センチ程のところにフロートのストッパーとして市販のからまんぼうをセット、0.5gのレベリングヘッド+スパテラ2インチを直結してキャスト。

着水後、しっかりと糸フケを取ってラインメンディングをしてリトリーブ開始。
スパテラを表層付近で漂わせるイメージで、ストップ&ゴーを繰り返して魚からの反応を探って行きました。

当日は幸先良く1投目から魚の反応があり、回遊しているアジの数も多くコンスタントに釣り上げる事が出来ました。
潮が満ちて来るのと一緒にアジの群れが岸近くまで回遊してくるようになると、ジグヘッド単体での近距離でも数釣りを楽しむ事が出来ました。

フロートリグでもジグ単でも一定のラインテンションを保ち、スパテラの姿勢が安定する様に意識する事が大切だと感じました。
夜釣りのなどで軽いジグヘッドを扱う場合、何処まで飛んだかわからない、気づいたら目の前まで巻いて来ていた、巻きすぎてトップガイドに当たった、などなど、感覚に慣れるまではさまざまなストレスを感じ、僕自身ついつい感覚のわかりやすい重めのジグヘッドを選択してしまう事もよくあります。
フロートリグの場合、常にフロートの重みを感じながらリーリングしているので今どの辺りにリグがあるかが分かりやすく、周囲が暗くてもフロートを黙視で確認出来る蓄光タイプの物などもあり、軽いジグヘッドの感覚に慣れていなくてもストレス無く釣りを楽しむ事ができます。
また、水深の浅いポイントにアジが居る場合や、軽いジグヘッドで表層付近を漂わせると魚の反応が良い状況も良くありますが、そんな時にも活躍するのがフロートリグですね。
あと数メートル先まで、あの明暗部まで、と言った時にも手軽に投入できるのでオススメです。

繰り返しになりますが、しっかりとラインメンディングをする事で容易にスパテラの姿勢を安定させる事が出来ます。

レベリングヘッドにスパテラをセットする時も、針の軸に対して真っ直ぐにセットする事が重要でした。
上手くセット出来るまで何度もやり直す事もありますが、ワームのマテリアルによっては何度か針を抜き差しすると針穴から裂けてしまう物も多くあります。
レベリングヘッドの程よい軸の太さと、スパテラのマテリアルの軟らかさは当然相性が良いので、数回抜き差ししてもワームが裂けてしまう事もありません。
妥協せず、上手くセット出来るまで何度もやり直す事をおすすめします。

初夏の豆アジは、魚の数が多く当たりも多かったのですが、引ったくる様な当たりが多く、合わせのタイミングが遅れる事で針の掛かり所が悪くなり、すぐにバレてしまう事が多々ありました。
夏に港に入って来たアジが成長するのか?
沖から別の群れが入ってくるのか?
定かではありませんが、魚のサイズが大きくなるにつれ「コツっ」と言うアジらしい明確な当たり感じ取りやすくなり、上顎や喉の奥に確実にフッキングさせやすくなって来ます。

手軽に数釣りを楽しめるアジングハイシーズン真っ只中。
食べても美味しいアジ釣り。
みなさんも、海太郎アイテムをポケットに入れて海へ出掛けてみて下さい。
06
余談ですが、海太郎アイテムを豊富に取り揃えていただいている、三重県内に4店舗ある釣具・釣餌の「えさきち」さん。
海に近い高速道路等のインター近くにありアクセスも良いので、三重釣行の際は是非お立ち寄り下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。
FacebookなどのSNSでも釣果情報を発信しています。
そちらもご覧頂ければ幸いです。

https://m.facebook.com/takayuki.mori.336

05