小アジ数釣りの季節到来!! | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 小アジ数釣りの季節到来!!

小アジ数釣りの季節到来!!

夏の三重県、豆アジング+α。

各地の漁港でサビキ釣りを楽しまれている光景をよく見かける時期となりましたね。
僕の通っている最寄りの漁港で、7月初旬~8月下旬頃に手軽に釣れているアジは10~15センチ前後の南蛮漬けや唐揚げに調度良いサイズがメインとなっています。
今回は、そんな豆アジを狙っての釣行レポートです。

使用するのはスパテラ2インチ×レベリングヘッド。

18時、まだまだ明るい時間にポイントに到着して早速釣り開始。

7フィート弱のライトゲームロッドに2004番リール、PE0.2号にフロロリーダー6ポンドを矢引程結束。
豆アジ釣りには少しオーバーパワーですが、夏場の釣りと言う事もあり、明るいうちはメッキやシオなど引きの強いゲストがヒットする事も多いため万が一の大物に備えてのタックルセッティングとなっています。

サビキ釣りのみなさんの釣果を見ると漁港内にかなりの数の豆アジが入っているのがわかります。
さらに、サビキ仕掛のどの針に掛かっているかで、凡その豆アジの居る棚(レンジ)の目安となるので、周りの様子をよく観察する様にしています。

先ずは堤防付近を回遊しているであろう豆アジを狙ってジグ単から。
当日のポイントでは、堤防沿いに底(ボトム)の方を回遊してくる事が多く、実績もあるので堤防の基礎石の少し上辺りから探り始めます。

ボトムまで水深4m。

手返しを重視するため、現行の一番重いレベリングヘッド(1.25g)を使用してスパテラをボトムまで一気に沈め、ボトムから1mほどリフトしてボトム付近までカーブフォールを繰り返して豆アジの居場所を探します。
リフト後のフォールし始めた時や、スパテラの姿勢が変わった直後にアタリが出る事が多く、自分の立ち位置周辺に活性の上がった魚が居ればすぐに何かしらの反応があります。
回遊待ちとは言え、数投して反応が無ければ少し移動して周辺を探ったり、アクションの付け方を変化させるなどの工夫しながら反応のあるポイントを探って行くと答えが早いと思います。
ジグヘッドの重さを変えたり、ワームのカラーを変える事も工夫の1つですね。

釣り開始から20分、サビキ釣りでポツポツ釣れ続く横でようやく待望のヒット。
上がって来たのは15センチほどの豆アジ。
群れが回って来たのか、同じ所でアタリも頻発し、飽きない程度に30分程釣れ続き数匹の豆アジをキャッチ。
日中に釣れると嬉しいですね。

日中に意識していたのは、スパテラのテールが縦になる様にセットしてフリーフォールの姿勢をあえて不規則にフラつかせる事でアジに飽きさせないと言う事。
正解かどうかはともかく、少しの工夫でアジの反応が変わったりする事はよくあります。
カラー選択に関して、サビキ釣りの横で釣りをする場合などは、アジング定番のクリアよりも赤ラメやレインボーラメの物に反応が良く、好釣果を得られる事が多い様に感じます。

日没後、常夜灯の明かりも灯り、ナイトゲームへと突入。
今度は日中とは逆に表層付近からアジの居場所を探して行きます。
スローフォールを意識してレベリングヘッドを0.75gに替え、水受け抵抗が少しでも多くなる様スパテラのテールが横になるようにセット。
着水後すぐに糸吹けを取って小さくアクションを入れながら表層付近を滑らせるイメージで豆アジを探すと、早速ヒット!
上がって来たのは18センチほどの豆アジ。
再現を求め、同じように探して行くとショートバイトが連発。
ここでレベリングヘッドの重さを0.5gに変更し、レベリングヘッドから30センチほどのところにガン玉(B)を打つスプリットにして同じところを通して来るとこれが正解。
13~18センチとサイズはバラバラですが短時間に豆アジが連発。

9月になればサイズも数も安定するので、しばらくは手軽なアジングを楽しめるかと思います。
サイズはともかく、この時期はアジの数が多いので日没前のデイゲームでも楽しめる手軽さも魅力ですね。
間も無く発売となるレベリングヘッドの追加ウェイト。
釣りの幅も広がるので待ち遠しいですね。
対象魚によってフックサイズも選べるとさらに幅が広がると思うので、今後の展開を楽しみにしています。

サビキ釣りで一度に沢山の豆アジを釣るもよし。
ジグヘッド×ワームで一匹一匹の当たりを感じ、試行錯誤しながら釣るもよし。
身近な漁港で手軽に楽しめる豆アジ釣り。
みなさんも海太郎アイテムをポケットに入れて海へ出掛けてみて下さい。

余談ですが、海でもパラグラブ絶好調。

ジグヘッドでもテキサスでも。
既存のギルカラーなどのバスカラーで日中にハタやガシラと言ったロックフィッシュが好反応。
海太郎カラーでも新色が追加されると嬉しいですね。

添付画像はこの夏の釣果の一部です。
(レポート以外にFacebookなどのSNSでも都度釣果情報を発信しています)
お読み頂きありがとうございました。

森 崇行
FotorCreated2
FotorCreated