新商品実釣報告 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 新商品実釣報告

新商品実釣報告

山崎貴宏様より釣行記をいただきました。
日時:2015/07/12
場所:琵琶湖
魚種:ブラックバス

待ちに待った新商品の「ポッパーワーム」と「バグフロッグ」をメインに
夏の琵琶湖を攻略してきました。

今の琵琶湖は朝4:30には日が昇り始め、朝一は無風で湖面は鏡のような状態です。

早速、水深4mでウィードトップが水面下1mまで伸びているポイントに
ポッパーワームをキャスト、ベイトフィネス用のリールを使っていましたが、
自重が9gもある為普通のベイトリールでもキャスト出来そうです。

ビビビ蟲とくらべ、大きさが2回りほど大きい為、
ポップ音も他社のポッパーと何ら遜色ありません。

むしろ回収中も水面直下をトレース出来、テールが良い波動を出してくれました。

更に、オフセットフック仕様の為少々ややこしい所でもガンガン攻めて行けます。

一度フロッグ用ロッドとPEで投げてみましたが、フロッグの代わりも行けそうです(M~MHのロッドで…)

そんな事を考えながら、水面をポコポコしているとステイ中に
「ガバッ」っという捕食音と共に水面からルアーが消えました。
音からするに結構な大きさかと思いきや、上がってきたのはこのサイズ・・・。


日が昇り、次に投げるのはバグフロッグ、ウィードが水面まで伸びきっている、
族に言う「フロッグエリア」です。

これまでフロッグは雷魚用を改造したポッパータイプを使っていましたが、
このバグフロッグはすり抜け重視のスリムタイプ。
ドッグウォークをすると少し水面に潜らせる事も可能でした。

バグフロッグをウィードパッチの上になげ、
ウィードが濃くて下から出そうもない部分はストレートに、
所々にあるウィードの切れ目でドッグウォーク&ステイさせてやると、
早速1発出ました。サイズこそありませんが、こちらの喰わせたいポイントで狙い通りの釣りが出来た中身のある1匹。

手にして頂いたらわかると思いますが、
他メーカーのフロッグと比べてフック形状が特殊です。これがフロッグの形状とあいまって、
今回のような小さいバスでもフッキング率を上げていると実感出来ました。

これから夏本番、今回新発売されたこの2つのアイテムは全国どのフィールドでも活躍して行く事でしょう!