『中村 拓水様の海太郎モニタリングレポート』 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 『中村 拓水様の海太郎モニタリングレポート』

『中村 拓水様の海太郎モニタリングレポート』

広島県で海太郎モニターを担当させて頂いている中村です。

先週土曜日に久々に釣りに行けましたのでその模様をレポートさせて頂きます。

今回は個人的にも癒しが欲しかったので、サイズよりも
「ひたすら釣れ続ける」という様なシチュエーションを求めて
アジの鉄板ポイントへ出かけました。
明るいうちから場所取りを敢行し、暗くなって活性が上がるタイミングまで
1時間半程度待ちます。

辺りが暗くなり潮位が十分に上がってきたタイミングで
予想どおりラッシュが始まりました。

釣れ始めてから1時 間程度は1キャスト1フィッシュ状態。
サイズこそ20cmアベレージと小さいですが、今の私にとっては
非常にありがたい魚。
アジ特有の抜けるアタリと小気味良い横走りに癒されました。

結果的には20匹弱キープさせてもらい、あとはリリースしております。

今回アジが連発したレンジは表層から2~3m程度の中層でした。
(恐らくここの水深は5m前後のシャロー)
キャストしてカーブフォール~サビきという至って単純な誘い方です。
使ったルアーはレベリングヘッドの1.0gとスパテラの2インチのみ。

しかし、単純ながらも今回圧倒的に強かったカラーはクリアでした。
大好きな活エビやピンクグローはもちろん、同じクリア系の
クリアシルバーフレークもローテしましたが1 キャスト1ヒットまでは至らず。
圧倒的にクリアカラーが強かったように思えます。

帰宅してから調理する際に胃の内容を確認したところ、シラス?の様な
透明な細長いベイトが確認できたところから、クリアが最も適した
カラーだったのかな?と勝手に結論付けています。

また、今回途中からリリースしておりましたので、手返しを優先して
レベリングヘッドのカエシを潰して釣りをしました。
バラしが増えるかな?と思いましたが、結果バラしは殆ど無し。
ほぼ上顎貫通で刺さった場所も良かったのかもしれませんが、
フック形状やバランスの良さの成せる業だと思っています。
加えて今回は2時間半で40匹超の魚を掛け、幸運な事に根掛かり0で終える事が
出来たのですが、レ ベリングヘッドは開始から納竿まで同じものを使ったにも関わらず、
折れなどは皆無でした。
洗って保管すれば次回も使えそうな耐久性の高さは目を見張るものがあります。

当初フロロ使いの私には針の軸が太いような印象もありましたが、
使っていくうちにしっくりくる様になりました。

今後ラインナップに細軸が追加されれば選択肢が増えて尚良いなと
感じております。

余談ですが、今回のアジはフライで食べるつもりで翌日仕込んでおります。
アオサ入りとノーマルの二種類で楽しむ予定です。