朝まずめを狙いに行ってきました。 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 朝まずめを狙いに行ってきました。

朝まずめを狙いに行ってきました。

松山の“TANO”様より釣行記をいただきました。
場所は地磯のからむゴロタ浜で、潮は満ち5分から2時間程度の釣果です。
タックルは
ロッド 7f8incのチューブラー
リール 2500番
ライン PE0.2号+リーダー フロロ6lb

ポイント到着した時は、まだ暗い時間でした。スタートは水面直下を引ける、フローティングミノーを潮に乗せて流し、ウィードの切れ目で少し、ゆっくりと巻きバイトを誘います…。 色んなコースを引いてみましたが、反応無し…。ここで、少し遠投とシルエットを変えてみることに。
7gのフロートに1gのレベリングヘッドをセットして、遠投して潮に乗せてさっきより沖を流してみます。フロートリグにしたのは、遠投できることもあるのですが、手前にはウィードが水面まで伸びてるので、それをかわしやすくするためにチョイスしました。 何投か探っているとウィードの横のシモリ付近で小さなアタリが!

しかし、フッキングはできませんでした。よく見るとワームが半分無くなっています…。もしや…。
フグですね…。 うーん。メバルは付いてないのかなぁ。それからも何投かしたのですがフグの猛攻(ーー;)

そうこうしているうちに完全に日が昇りました。ヤバイ…(^_^;)

日が昇ったので、フロート+ワームを諦め、早い動きで色んな層を探れるネコメタルにルアーチェンジ。

手前から探るため、3gからスタートします。そうしたら、1投目からアタリが!しかし、フッキングまでいたりませんでした。2投目にまた同じようなポイントを探ると、ついにヒット!

サイズは20センチ超え

サイズは少し落ちましたが、小気味よくアタリが出ます。ずーっとアタリすら無かったので小型でもアタってくれると本当に嬉しい…。
アタリが出たのはウィードの近くではなく、シモリがある潮の流れの本流の脇で出ました。
手前で反応が無くなってきたので、ネコメタル5gに変更して少し沖目を狙うと、強烈なバイト!手前のウィードに潜られないように、ロッドを立てて強引に寄せます。潮の流れも強いので魚に主導権を渡さないようにゴリ巻き。なんとかゲットしたこの日最大のメバルです。

私が極細PEラインと長めのチューブラーロッドをチョイスしたのは、遠投でき、感度も良く強引なやりとりができるのもあるのですが、ジグ単、フロートリグ、メタルジグとオールマイティに使えるのでこのようなシチュエーションでは、活躍してくれます。