三重県 森崇行様のレポート | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 三重県 森崇行様のレポート

三重県 森崇行様のレポート

今回のレポートは、岸釣りメバル編です。

またまた鳥羽の海で海太郎アイテムで遊んで来ました。
良型のメバルは簡単には釣れなくなってきましたが、例年ですと20センチまでのメバルなら6月中旬までは漁港などの足場の良いポイントで手軽に遊べます。

5月中旬。
金曜に定時で仕事を片付け19時前にポイントへ到着。
タックルを準備して、まずはレベリングヘッドにスパテラ2インチをセットしたジグ単で釣り開始。
着水後、5秒程沈めてリトリーブ。
5m程巻いたところですココッ!と明確な当たりがあり、上がって来たのは15センチ程のメバル。
サイズに関わらず1投目から反応があるのは嬉しいですね。
癒されます。
どうやら当日のアベレージは15センチ前後らしく、続けて何匹か同サイズをキャッチ。
ワームのカラーやジグヘッドの重さを替えずに周辺を探ると1時間ほど釣れ続き数釣りを満喫できました。

少し当たりが遠退いたのでワームのカラーを替えると当たりが頻発するも掛からない。
ワームのズレを修正しようと見てみると、テールが無い。
頻発する当たりの正体フグ。奴らにロックオンされては釣りになりません。
この時期は奴らも活発に動き回っているのか、いつの間にかスパテラのテールがフグカットされて行くのでマメなチェックが必要です。

フグの猛攻を避けるため、仕掛けをフロートリグに変更して今まで届いていなかった沖のポイントを探る事に。
最近は各メーカーから色々なフロートが発売されていますね。
手持ちの4g弱の中通しタイプのフロートをセットしてフックをレベリングヘッドからオーナーのスプリットショッターに変更。
キャスト後、潮の流れに乗せてワームを漂わせるイメージでゆっくりとストップ&ゴーを繰り返しているとあっさりヒット。
上がって来たのは、やや引きの強い18センチのメバル。
同じ要領で扇状に探って行くと、ジグ単の時よりも当たりが多く釣れてくるメバルのサイズも少しずつ上がって行き、この日の最大サイズとなる20センチのメバルもキャッチする事ができました。
フロートリグでは、リグをストップさせてからのカーブフォールでの反応が良かったです。
ほぼノーシンカー状態でもスパテラテールが自発的に良い動きをしてくれているのかと思います。
ガンダマを噛ませてスプリットにして
も面白そうですね。
2時間程の数釣りを満喫できたしオールリリースでこの日は納竿。

ちなみに、ジグ単、フロートリグともにテールの向きは縦横どちらにセットしても魚の反応に変化はありませんでした。

すっかり日照時間も長くなり、冬場の様な防寒も必要無いし、仕事帰りやバス釣りへ行ってからでも時間さえあれば手軽に楽しめる海遊び。
みなさんも、海太郎アイテムをポケットに入れて海へ出掛けてみては。

添付画像は釣果の一部です。
お読み頂きありがとうございました。