《大阪府 かじたに ひろし様のレポート》 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 《大阪府 かじたに ひろし様のレポート》

《大阪府 かじたに ひろし様のレポート》

issei海太郎レベリングヘッド、シェイクダウン!

市場リリースされたばかりのissei海太郎のオリジナルジグヘッド”レベリングヘッド”で、早速、メバリングに出撃しました。

サイズは、0.5g~1.25gの4種類。
シャロー、近距離シューティングスタイルにピッタリのラインアップ。
水平(レベリング)スイミングを保つ独自の砲弾型のジグヘッドは、リブの深いスパテラ/シルキーシャッドに水流を与えることトコトンこだわった設計になってます。

レベリングヘッドを見た時の第一印象・・・

・一定層を巻くのがラク!
・根掛りが減るんちゃう!?

の2点。

アイより前に重心がきてるので浮き上がりを抑えられること、障害物に当たった際にバンパーの役目をしてバランスを崩すんじゃないか・・・と。
想定を確信に代えるために、陽が高く明るい時間にサイトでチェック。

案の定、巻きにムラを与えても一定層を真っ直ぐ引いてくることができます。
これは水平(レベリング)スイミングを相通じるところがありますが、カウントを刻んでアタリの棚を探るが非常にラクになりそう。
“巻き”初心者の方には使いやすいんじゃないかな~

根掛り回避のチェックに石畳とテトラで根掛りするまでゴリゴリ。
障害物に当たった際に針の方が跳ね上がって回避してくれます。
針が剥き出しのジグヘッドは根掛りが”0(ゼロ)”になることはないけど、根掛りの回数が減ればリグる手間は省けるし手返しはよくなるし。
今までヒヤヒヤしながらサイズ(重さ)を下げて根掛りを回避していたところも、ワンサイズ重たいもので飛距離を伸ばして広範囲に探れます。
あっ、障害物に当たって外れた時、セットしたスパテラ2.5in.の”ブルンっ♪”となんとも艶かしい動きはヤ・バ・イ♪

あと小さな心遣い、ジグヘッドにサイズが刻まれてるのは嬉しいですね。

動きを確認できたので、ミネオッティ、ひぐっちゃんとフィールドへ出撃!

しかし、潮位が低いうえに動かない最悪の潮回り。。。
いつものシャローポイントはどこも釣りにならない水深数十cm。

仕方なく水深があり重めのジグヘッドとフロートがメインの遠投人気ポイントへ。
人は多いものの誰も釣れてないようです。
レベリングヘッド1.25gにスパテラ2.5in.をセットしてテトラ際をランガン。

ボトムを切ってデッドスローに巻いてくると・・・ドン!
本命のメバルではなくガシラ。

14~15cmと言ったところでしょうか・・・ここのレギュラーサイズが口を使ってくれました。

厳しいながらも、なんとかレベリングヘッドのシェイクダウンを終えました。

次は潮回りのいい時にシャローポイントでガンガン巻いてきます!

【使用タックル】
ジグヘッド・・・issei海太郎レベリングヘッド1.25g
ワーム・・・issei海太郎スパテラ2.5in. チャート(グロー)