《三重県鳥羽市の森 崇行様からのレポート》 | ISSEI 株式会社 一誠 イッセイ

バス・海釣り ルアー 【ISSEI】 > ユーザー釣行記 > 《三重県鳥羽市の森 崇行様からのレポート》

《三重県鳥羽市の森 崇行様からのレポート》

2月、岸釣りライトソルトゲーム。

今回は、2月の三重県鳥羽での岸釣りライトソルトゲームの海太郎モニタリングレポートです。

海太郎アイテムをタックルバッグに詰め込み、17時に家を出て鳥羽の海へ。
ポイントに到着したのが18時前。少しずつ寒さも緩んで来ていますがまだまだ寒いですね。
海の様子はと言うと、干潮前で海面も低く潮の動きもイマイチですが無風ベタ凪で釣りはしやすそうな状況。
今回のポイントはメバル釣りで人気のポイントですがこの日は先行者も無く貸切状状態。
タックルの準備を済ませ夕マヅメから釣り開始。

まずはレベリングヘッド1gにスパテラ2インチ・グローをセットしてキャスト。
着水後5カウント刻みで棚を決めてレンジキープしながら水平スイミングさせて来ると「コツッ!」と言う明確な当たりがあり、シャープに合わせを入れるとフッキングが決まり、まずは1匹目となる15センチ程のメバルをキャッチ。
同じコース、同じ棚を意識しながらトレースしてくると、先程とほぼ同じ場所で「コココンッ!」と言う気持ちいい当たりが出て、合わせを入れ上がって来たのは同サイズのメバル。
同じサイズを10匹程釣って数釣りを満喫しながらレベリングヘッドのレンジキープのしやすさを実感。
当然ですがスパテラとの相性の良さも実感。
今度はスパテラのカラーを活きエビにチェンジしてキャスト再開。
先程と同じコースを通してくると、このあたりで「コツッ!」のはずが当たり無し。
数投しても反応が無いので何色かローテーションしてみるも反応無し。
グローに戻してみると当たりが頻発。
リトリーブスピードやトレースコースを少しずつ変えながら探って行くと今までよりも小さな当たりが頻発するスポットを発見。
レベリングヘッドの重さを1.25gに変えレンジはそのままでリトリーブスピードを変化させ、同じコースを水平スイミングさせてくると「コッ!」と言う小さいながらも明確な当たりがあり、合わせを入れるとズシッとした重みがロッドに!

「デカイ!!」

思わず声に出してしまいました。
明らかに今までとはサイズもパワーも違う魚が掛かりジリジリとドラグが鳴りラインが出されて行きます。
メインライン0.2号エステルにリーダー0.6号フロロ矢引と言うラインセッティングのため無理は禁物。
どこで取るかを考えながら5分程泳がせてもなかなか弱る様子は無く、フックアウトを怖れて追い合わせを入れると…

「フッ…」

やらかしました。
ラインブレイク。

正体すら確認出来ずこの日の最大魚を逃しました。
悔しいので今後もこの魚は狙って行きたいと思います。

気分転換に10m程ポイントを移動し、完全に干上がった砂利浜でキャスト開始。
干潮潮止まりと言う事もあり、しばらくは何をやっても反応無し。
レベリングヘッドの重さを軽くして、海草の切れ目を水平スイミングしてくると久々に反応が。
どうやら20センチクラスの群れが潜んでいたらしく、4匹続けて良型をキャッチ。
その後もカラーを変えて15センチ以下の子メバルを数匹追加。
これから上げ潮で潮も動くタイミングでしたが、人気のポイントで釣り人もポツポツ増えて来たのでこの日は納竿。

MAX20センチちょいでしたが実釣2時間で数釣りを満喫出来ました。
この日はスパテラ2インチグローに好反応でした。
レベリングヘッドとのセットでスパテラのアクションも神憑りアクションとなり、足場が高い場所でもきっちりと水平スイミングでレンジキープ出来ていました。
イメージ以上に棚がズレてしまい根掛かり連発なんて事も無く、根掛かりロストによるタイムロスやストレスもありませんでした。
スパテラもレベリングヘッドも、もう少し使い込んでまたレポートさせていただきます。

メバルはこれからが本番。みなさん良い釣りを!

お読みいただきありがとうございました。